Dr.栗原の血液サラサラ生活

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム 第24回
殺菌作用だけじゃない、注目のカテキンパワー!

≪ご質問≫  
緑茶を飲むと、健康にいいと聞きますが、どんな効果があるのですか?(48歳女性 自営業)

生の寿司ネタには、抗菌作用のある緑茶を合わせて

お寿司屋さんでは、最後に“あがり”、つまり緑茶がでてきますね。単にお寿司にお茶がピッタリだけではありません。お茶の健康効果をしっかり活用しているのです。寿司ネタは生ものが多いため抗菌作用を持つお茶を出す。食あたり防止作用に期待してのことです。また、口臭予防効果もあり、お寿司を食べた後、お茶を飲むと口の中がすっきりしませんか?


中国では4000年前からお茶の薬効が認められていた

お茶は中国南部に起源を持ち、約4000年前に中国皇帝により初めての健康効果が知られ始め、以来、薬用として利用されてきました。今では、メタボ、糖尿病、認知症、歯周病、インフルエンザ、肝臓病、さらにはガンまで緑茶の効果が期待できる。そして、主にポリフェノールの一種「カテキン」によることが、ここ10年の研究で明らかにされてきました。

カテキン豊富なお茶には認知症予防効果も

たとえば認知症。最近、カテキンの脳細胞保護作用が確認されました。認知症の代表、アルツハイマー病の方の脳内には、アミロイドβというたんぱく質が蓄積されてできる老人斑が多くあり、発病に関係します。アミロイドβによる老人斑を防ぐのみならず、すでに沈着している老人斑を分解する効果もカテキンにはありそうなのです。驚きです。実際、大規模試験でも緑茶の一日3杯程度の飲用習慣が認知症の発病リスクを抑えることが証明されています。


糖尿病に罹りやすい日本人にとって、緑茶は身近な薬だ

また、生活習慣病の代表、糖尿病。予備軍も含めると成人のなんと5人に1人は糖尿病か、その予備軍。残念ながら日本人は欧米人に比べると血糖を低下させるイキスリンの分泌能力が弱く、糖尿病になりやすい体質なのです。過食や早食いでイキスリンの分泌が追いつかず、さらに運動不足が顕著化したことが糖尿病を急増させた原因とされます。実は、緑茶に含まれるカテキンには、血糖上昇抑制作用が分かってきました。

糖尿病が怖いのは、だぶついたブドウ糖により血管が傷つき、動脈硬化(血管の老化)が速やかに進行、脳梗塞や心筋梗塞などを招いてしまいます。同時に糖尿病の三大合併症である網膜症、腎症、神経障害を引き起こします。最近では、アルツハイマー型認知症や歯周病の原因にもなることが注目されています。

症状は特徴的です。のどが渇いたり、尿の回数や量が増えたりします。糖尿病の名前の如く、どんどん尿に糖が出て行きますので、食べても食べても体重が減少します。もっと食べてもいいと勘違いをしてしまい、負のスパイラルに陥るのです。

カテキンには、糖質の吸収を穏やかにする働きが

血糖値が急激に上がらないようにインスリンの働きに見合った量の食事をすることと、血糖値を急激に上げないことが何より大切です。そこで、消化管からの糖質の吸収を穏やかにする食品成分が注目されています。緑茶に含まれるカテキンには、糖質の消化吸収を遅らせる働きがあるので、糖が血液中に吸収されるのが遅れ、その結果急激な血糖値の上昇が抑えられます。カテキンは糖尿病を改善するのです。実際に静岡県立大学での研究で、緑茶を1日に7杯分ほど飲むことで、血糖値が改善されたことが報告されました。カテキンが糖尿病にいいとは意外ですね。毎日、飲む習慣を作りたいものです。


緑茶パワーが二大現代病、認知症と糖尿病を治すカギに

面白いことに同じ茶葉から作られる紅茶やウーロン茶には緑茶ほどのカテキンは含まれていません。現代病の最難敵、認知症と糖尿病。カテキンの期待が一層高まりますね。

次回は、11月下旬に更新する予定です。お楽しみに!

栗原クリニック東京・日本橋

〒102-0027 東京都中央区日本橋3-2-6 岩上ビル2F
TEL 03-3516-2200
http://www.k-sarasara.com/

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム バックナンバー
  • 血管をしなやかにするために
  • 「糖質ちょいオフ」で正しい食事術
  • オメガ3で脳を鍛えよう
  • 太らない食べ方のコツ
  • 「食」から考える健康長寿
  • 殺菌作用だけじゃない、注目のカテキンパワー!
  • 老化の原因は“糖化”である
  • 認知症を予防しよう
  • 足腰の筋肉低下について
  • 「血液サラサラ」生活のすすめ
  • 何かと気になる、コレステロールを考える
  • サプリメントはなぜ必要なのか?
  • 女性とアルコールの関係について考えてみましょう
  • 平均寿命ではなく健康寿命を意識しよう
  • 楽しく食べて、めざそう「健康長寿」
  • 血圧について
  • 風邪の季節がやってきた
  • 季節の変わり目にご用心。腸を整えて、下痢を防ぎましょう。
  • 網膜症や腎症、神経障害を引き起こす糖尿病。正しく理解して、予防、治療につとめましょう。
  • 夏の疲れは、遅れてやってきます
  • 夏太りの原因となる「コールドドリンク症候群」
  • 早めに熱中症対策をしましょう
  • 意外と怖い中性脂肪
  • ストレスは本来、心身に良いもの!?
  • フルーツを減らせば健康になる!
  • これから増える、脳卒中にご用心
  • アルコールを飲まないのに肝臓がん?
  • 「未病(みびょう)」という古くて新しい概念
  • 夏太りをしないために

栗原クリニックトップへ戻る

  • コスモヘルシー倶楽部とは
  • コスモヘルシー倶楽部ニュース
  • コスモのお仕事〜安心のアフターサービスをご提供します〜
  • 懇親会レポート
  • コスモドクターあれこれ
  • コスモ健康カレンダー
  • 週刊 懇親会スタッフ便り
  • イベントレポート
  • クローズアップ
  • まごころ便
  • まごころ便で作ってみました
  • コスモヘルス提携クリニック「栗原クリニック東京・日本橋」
  • 生活知恵袋
  • コスモヘルス株式会社
  • コスモヘルシー倶楽部オリジナル『元気体操365』DVD新発売
  • コスモドクターセルキュア100