Dr.栗原の血液サラサラ生活

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム 第23回
老化の原因は“糖化”である

≪ご質問≫  
糖尿病の遺伝子を持っているせいか、“糖化”という言葉が気になります。
からだが“糖化”すると、どうなるのでしょう。(68歳 主婦)

“糖化”という新しい概念

“糖化”という言葉をご存じでしょか?
最近、“酸化”という言葉にかわり、“糖化”が注目され始めています。
この新しい概念を知り、“抗糖化対策”を実践することが健康寿命を延ばすことにつながります。

心配なのは、糖尿病だけではありません

もちろんからだが“糖化”すると、糖尿病の合併症の発症・進展のキーとなるばかりか、認知症、高血圧、がん、非アルコール性脂肪肝炎(non-alcoholic steatohepatits:NASH),さらに肌のトラブル(シミ、たるみ)の原因になります。
女性にとり気がかりな肌のくすみやたるみは、おもにからだの“糖化”により起こると言われています。つまり肌の老化は、からだの“糖化”と言っても過言ではありません。放ってはおけませんね。


糖は老化の原因物質をつくる

われわれの身体は、ほとんどたんぱく質で構成されています。たんぱく質には、体内に入ってきた糖と結びつきやすいという性質があります。
“糖化”とはブドウ糖や果糖などの糖が、血管や皮膚のたんぱく質と結合することでたんぱく質が変性し、老化の原因物質であるAEG(エーイージー:最終糖化物質)が作られることを意味します。そうなると、身体を構成するたんぱく質が、本来の役割を果たすことができなくなってしまいます。
最近まで、AEGはブドウ糖とたんぱく質から生成されると考えられてきました。ところが、果糖とたんぱく質でも起こることが判明しました。しかも、驚くことに果糖はブドウ糖に比べて、数倍も糖化しやすい糖であることが分かってきました。

果物や高加熱食品には要注意

果糖は非常に吸収がよく、中性脂肪を上昇させ、脂肪肝にも直結してしまいます。そして、心筋梗塞など虚血性疾患への進展率を上げることもわかっています。つまり、健康に良いだろうと思って、果物をたくさん食べていると、逆に老化を進めてしまうことになります。
果物以外で気をつけたい食べものとして、香ばしい焼き色の食品、例えば北京ダック。北京ダックはアヒルの肉(たんぱく質)に水あめ(糖質)を塗って焼く料理で、AGEが多量に含まれているのです。もちろん、たまに食べる分には問題ないのですが。AEGが案外多いのがソース類。その他、AGEが含まれている食品としては、クッキーやビスケットなどの焼き菓子があります。小麦粉に含まれるたんぱく質と糖質が加熱することで反応し、AGEを多量に含むといわれています。
一般的に揚げる、炒める、焼くなど高温加熱することでAGEが増えます。まだ、茹でる、蒸す、煮るほうがいいのです。もちろん、抗糖化ということを考えれば、火を通さず食べるのが一番です。


血糖値を急激に上昇させない

生活の中で糖化を防ぐには、どうしたら良いのでしょか?
まずはファストフードを日常的に食べることは避けたいものです。AGEの含まれた食品や、果糖などの糖質の摂取をなるべく控えるのはもちろんですが、それ以外に何か方法はないのでしょうか。
あります。血糖値を急激に上昇させないように食べることです。まず、ゆっくり噛んで食べる習慣をつけること。一口、口に入れたら箸置に箸を休め、30回を目安に噛むこと。また、同じ食事内容でも、まず、野菜や海草、きのこなどの食物繊維の多い副菜を食べ、次に肉や魚などの副菜、最後に主食のご飯へと進むと、糖質の吸収が遅くなり血糖値が上がりにくくなります。

糖分の摂取を控えて、健康寿命を伸ばそう

“酸化”が健康に良くないことは常識となっていますが、それ以上に“糖化”が諸悪の根源である可能性があるのも事実なのです。とにかく過度に糖質を摂らないことを心がけましょう。そうです、糖尿病や肥満の食事療法と同じなのです。 “糖化”に目を向けて、健康寿命が延ばしていきたいものですね。


次回は、10月下旬に更新する予定です。お楽しみに!

栗原クリニック東京・日本橋

〒102-0027 東京都中央区日本橋3-2-6 岩上ビル2F
TEL 03-3516-2200
http://www.k-sarasara.com/

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム バックナンバー
  • 血管をしなやかにするために
  • 「糖質ちょいオフ」で正しい食事術
  • オメガ3で脳を鍛えよう
  • 太らない食べ方のコツ
  • 「食」から考える健康長寿
  • 殺菌作用だけじゃない、注目のカテキンパワー!
  • 老化の原因は“糖化”である
  • 認知症を予防しよう
  • 足腰の筋肉低下について
  • 「血液サラサラ」生活のすすめ
  • 何かと気になる、コレステロールを考える
  • サプリメントはなぜ必要なのか?
  • 女性とアルコールの関係について考えてみましょう
  • 平均寿命ではなく健康寿命を意識しよう
  • 楽しく食べて、めざそう「健康長寿」
  • 血圧について
  • 風邪の季節がやってきた
  • 季節の変わり目にご用心。腸を整えて、下痢を防ぎましょう。
  • 網膜症や腎症、神経障害を引き起こす糖尿病。正しく理解して、予防、治療につとめましょう。
  • 夏の疲れは、遅れてやってきます
  • 夏太りの原因となる「コールドドリンク症候群」
  • 早めに熱中症対策をしましょう
  • 意外と怖い中性脂肪
  • ストレスは本来、心身に良いもの!?
  • フルーツを減らせば健康になる!
  • これから増える、脳卒中にご用心
  • アルコールを飲まないのに肝臓がん?
  • 「未病(みびょう)」という古くて新しい概念
  • 夏太りをしないために

栗原クリニックトップへ戻る

  • コスモヘルシー倶楽部とは
  • コスモヘルシー倶楽部ニュース
  • コスモのお仕事〜安心のアフターサービスをご提供します〜
  • 懇親会レポート
  • コスモドクターあれこれ
  • コスモ健康カレンダー
  • 週刊 懇親会スタッフ便り
  • イベントレポート
  • クローズアップ
  • まごころ便
  • まごころ便で作ってみました
  • コスモヘルス提携クリニック「栗原クリニック東京・日本橋」
  • 生活知恵袋
  • コスモヘルス株式会社
  • コスモヘルシー倶楽部オリジナル『元気体操365』DVD新発売
  • コスモドクターセルキュア100