Dr.栗原の血液サラサラ生活

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム 第9回
夏太りの原因となる「コールドドリンク症候群」

≪ご質問≫  
夏になると、それほどたくさん食べていないのに太ります。
水分の摂りすぎが原因でしょうか?

冷たい飲み物が内臓脂肪をため込む。

私は、世界中を見て回ったわけではありませんが、日本ほど飲料の自動販売機がいたるところにある国はないでしょう。もちろん家庭の冷蔵庫にも、ペットボトルの水やお茶などが冷やされています。そのおかげで、いつでもどこでも、すぐに冷たいものが飲めます。
ところが、そのことが脂肪、特に内臓脂肪をため込むひとつの原因になっているのです。この現象を私は「コールドドリンク症候群」と名づけています。


体温が低下すると、代謝が悪くなる。

われわれの身体は、36.5度の体温でもっとも代謝をはじめ身体活動が活発になります。しかし、若い人を中心に36度以下の低体温が増えています。そもそも、体温が低下すると臓器を構成する細胞の代謝が悪くなり、その結果、心臓、血管系の働きも低下することで、血液の流れが不良になってしまいます。特に、皮膚表面の細血管やさらに細い毛細血管の中の血流は影響を受けやすいのです。それが「冷え症」につながるのです。

梅雨明けとともに本格的な夏を迎え、オフィス内は必要以上にクーラーを効かせてしまいます。炎天下の中を歩き、冷房の効いたオフィスに戻って来ると、皮膚の表面に張り巡らされている血管は、中を流れる暖かい血液から熱を奪われることを防ごうと血管を収縮させてしまいます。皮膚が「冷たさ」を感知すると、その情報が脳に伝わり自律神経を介して血管を素早く収縮させるのです。

当然、血液量は減少することになります。逆に、暑いところにいると汗を自然とかいています。汗が蒸発する際の気化熱の形で身体にたまった熱を放出し、体温を一定に保とうとしているのです。

冷たい飲み物が内臓を冷やし、脂肪が燃えにくくなる。

以上の知識をふまえ、「コールドドリンク症候群」を考えてみましょう。胃袋が口腔、食道の奥にありますが、実は外界と接しています。だから皮膚と同じように考えても良いのです。冷たいものを大量に流し込んだらどうなるか。血管が収縮し、それだけで血流が悪くなりますね。

さらに血液成分を考えてみると、血液の血漿には中性脂肪、コレステロールなどの油分が含まれています。バターを例に取るまでもなく冷やされると粘調度が増し、血液の流動性が低下してしまいます。暖かい血液が胃壁を流れなくなるのです。すると、上腹部の代謝が低下してしまい、その結果、エネルギー産生が低下し、カロリーが放出されません。このような状態が続くと、内臓脂肪がいつまで経っても燃焼されなくなるのです。

さらに、常に胃が冷えていると、それを補うように胃袋の周囲に内臓脂肪がついてしまいます。脂肪が燃え難い環境だけではなく、胃の周りに脂肪が付きやすい状態にしてしまうことになるのです。熱いラーメンを食べると胃を通じ「ジヮ」っと汗ばみますね。胃は、意外にデリケートですね。

若い女性によく見られる「お腹ポッコリ」は、腹筋が発達していないために胃下垂となることも原因です。特に、食事後にお腹がでるのは当然でしょう。
まして、冷たい水を多く摂ると一層お腹がでることになります。
まだ科学的に十分に検証されていませんが、私はこんな現象を「コールドドリンク症候群」と命名し、注意を喚起しています。

次回は、8月上旬に更新する予定です。お楽しみに!

栗原クリニック東京・日本橋

〒102-0027 東京都中央区日本橋3-2-6 岩上ビル2F
TEL 03-3516-2200
http://www.k-sarasara.com/

Dr.栗原の血液サラサラ生活コラム バックナンバー
  • 血管をしなやかにするために
  • 「糖質ちょいオフ」で正しい食事術
  • オメガ3で脳を鍛えよう
  • 太らない食べ方のコツ
  • 「食」から考える健康長寿
  • 殺菌作用だけじゃない、注目のカテキンパワー!
  • 老化の原因は“糖化”である
  • 認知症を予防しよう
  • 足腰の筋肉低下について
  • 「血液サラサラ」生活のすすめ
  • 何かと気になる、コレステロールを考える
  • サプリメントはなぜ必要なのか?
  • 女性とアルコールの関係について考えてみましょう
  • 平均寿命ではなく健康寿命を意識しよう
  • 楽しく食べて、めざそう「健康長寿」
  • 血圧について
  • 風邪の季節がやってきた
  • 季節の変わり目にご用心。腸を整えて、下痢を防ぎましょう。
  • 網膜症や腎症、神経障害を引き起こす糖尿病。正しく理解して、予防、治療につとめましょう。
  • 夏の疲れは、遅れてやってきます
  • 夏太りの原因となる「コールドドリンク症候群」
  • 早めに熱中症対策をしましょう
  • 意外と怖い中性脂肪
  • ストレスは本来、心身に良いもの!?
  • フルーツを減らせば健康になる!
  • これから増える、脳卒中にご用心
  • アルコールを飲まないのに肝臓がん?
  • 「未病(みびょう)」という古くて新しい概念
  • 夏太りをしないために

栗原クリニックトップへ戻る

  • コスモヘルシー倶楽部とは
  • コスモヘルシー倶楽部ニュース
  • コスモのお仕事〜安心のアフターサービスをご提供します〜
  • 懇親会レポート
  • コスモドクターあれこれ
  • コスモ健康カレンダー
  • 週刊 懇親会スタッフ便り
  • イベントレポート
  • クローズアップ
  • まごころ便
  • まごころ便で作ってみました
  • コスモヘルス提携クリニック「栗原クリニック東京・日本橋」
  • 生活知恵袋
  • コスモヘルス株式会社
  • コスモヘルシー倶楽部オリジナル『元気体操365』DVD新発売
  • コスモドクターセルキュア100