生活知恵袋|このコーナーでは生活をより快適に楽しく過ごす為のちょっとした知恵や技をご紹介いたします

お正月にまつわるアレコレ

いよいよ新しい年の足音も近づいてきました。毎日寒い中、お正月の準備をするのは何かと大変ですが、家中をきれいにしてお正月飾りをし、餅をつきおせちを準備して、年賀状をしたためて年明けを迎えるのは、やはり気持ちが新たになっていいものですよね。
今回は、お正月に関連する様々な風習の由来や決まり事について、簡単にご紹介します。

(1)年末大掃除の由来

12月13日を、年神様を迎える準備を始める「正月事始め」と呼ぶようになったのは、江戸時代からと言われています。江戸時代の古い暦は、中国の占星術と密接に繋がっていて、12月13日は婚礼以外のすべてのことが吉となる『鬼』の日とされていました。そこで、正月の年神様を迎えるのにふさわしいとして、この日を事始めとしたのが始まりです。この日にすす払いをし、お正月の準備に取りかったことから、現在の大掃除の風習が生まれました。


(2)年賀状の由来

昔は、お世話になった方々に直接年始の挨拶に回る習慣がありました。それを書状に簡略化したのが年賀状の始まりです。明治6年に郵便はがきが初めて発行されてから、年賀状が急速に広まったとされていますが、江戸時代には、一部の武士や商人が飛脚を利用して、年始の挨拶を書状で交わしていたと言われています。
前年に出した年賀状が1月1日に配達される現在のシステムになったのは、明治後期のこと。初めて官製の年賀専用はがき(お年玉くじ付き年賀はがき)が発行されたのは、昭和24年からのようです。


(3)しめ飾りや門松などの「お正月飾り」はいつ飾る?

お正月飾りは、年神様が宿るための依代で、年神様が降りてくるための大切な目印。12月13日から30日の間に飾るとされていますが、今はクリスマスの飾り付けをしている家が多いので、12月26日以降に飾ることが多いようです。29日の9は縁起が悪いとされているので、この日の飾り付けは避けた方がいいとか。
また、大晦日に飾ることは「一夜飾り」といって、年神様に対して失礼にあたるので、この日も飾り付けにはふさわしくないそうです。


(4)鏡餅の飾り方は?

一般神事での鏡餅は、白木の三方に四方紅を敷き、裏白(裏側が白いシダ)とゆずり葉を置きます。その上に大小2つの丸もちを重ねて、四手、昆布、橙を載せる形になります。
鏡餅の飾りにはそれぞれ意味があって、裏白は「長寿・夫婦円満」、ゆずり葉は「家系が絶えない」、昆布は「よろこぶ」、橙は「代々栄える」との願いから来ています。
なお、餅つきや鏡餅のお供えも、29日は縁起が悪いので避けるのが習わしです。


(5)地域によって『松の内』が違うのはなぜ?

門松やしめ飾りは松の内まで飾り、小正月に「どんど焼き」に持ち寄ってお焚き上げ。鏡餅は『鏡開き』の日に下げて食べます。これらの行事は、地域によって日取りが違いますが、それはなぜだかご存知ですか?
元々は、松の内は15日の小正月まで、鏡開きは年神様が帰られた後の1月20日 と、全国的に決まっていました。ところが、徳川家光が4月20日に亡くなったため20日は忌日となり、鏡開きを11日に行うように。これに伴って、松の内も7日に短縮されたようです。しかしながら、関西ではこのことが広まらなかったので、地域によって食い違いが生じてしまったのだそうです。京都では、三が日が明けてすぐ、4日に鏡開きを行う地域もあるようです。


知恵袋大募集

知恵袋大募集

皆様の生活を快適に変える技、教えて下さい!!
のどが痛い、時間短縮レンジで出来る裏ワザ料理、資源ゴミの再利用法などなど、そんな時の知恵袋を大募集します。
是非、このコーナーでご紹介させて下さい。


メールでの投稿はこちら

ご応募は、メールでの投稿にて受付けております。
皆様のご応募お待ちしております!!


【生活知恵袋】バックナンバー

  • 【第68回】真夏の洗濯、悩ましい汚れ&ニオイ対策
  • 【第67回】『和の心』で猛暑を乗り切ろう!
  • 【第66回】この時期大活躍! 雨具のお手入れマニュアル
  • 【第65回】食べるだけじゃない!お酢のススメ
  • 【第64回】見直しましょう、お口のケア!
  • 【第63回】もうすぐ春! 気になる脂肪を燃やしましょう!
  • 【第62回】みんな大好き! チョコレートレシピ
  • 【第61回】冬のカサカサやむくみ、何とかしたい!
  • 【第60回】年末年始を元気に!身体を温める食材を知ろう
  • 【第59回】スマホ疲れ、ほっとかないで!
  • 【第58回】知っておトク!マイカー維持費節約法
  • 【第57回】秋バテ&秋鬱って知ってますか?
  • 【第55回】楽しく安全に! 夏山ハイク入門
  • 【第55回】捨てちゃう前に! 飲み残しのエコ活用術
  • 【第54回】ジメジメ梅雨の季節のお洗濯術
  • 【第53回】食物繊維豊富!シリアル食品のお手軽アレンジレシピ
  • 【第52回】端午の節句で健やかな成長を祈願!
  • 【第51回】はじめての『おひとり様引越し』成功術
  • 【第50回】ひな祭りのカンタン華やかメニュー
  • 【第49回】寝不足さん必見!真冬の快眠テク
  • 【第48回】家電は正しくリサイクルを!
  • 【第47回】食用油の処理、どうしてる?
  • 【第46回】『スポーツの秋』を効果的に楽しもう!
  • 【第45回】野菜を美味しく長持ちさせよう!
  • 【第44回】はさみのカンタンお手入れ法
  • 【第43回】あると便利! 海外旅行で使える意外なアイテム
  • 【第42回】身体を元気にしてくれる!? お酒の効用
  • 【第41回】無理しないエアコンの電気代節約術
  • 【第40回】五月病って、そもそもなんだ?
  • 【第39回】いつもシャキッと着こなしたい!スーツのお手入れ法
  • 【第38回】放っておくとコワイ、鳥のフン害
  • 【第37回】冬場の疲労回復にオススメ「しじみ」
  • 【第36回】真冬のお風呂を安全に楽しむために
  • 【第35回】思い出の写真を賢く手軽に整理!
  • 【第34回】秋の味覚、栗を上手に楽しみましょう!
  • 【第33回】たまには風流に…『お月見』を楽しみませんか?
  • 【第32回】暑さに負けない! 食で夏を乗り切りましょう
  • 【第31回】事故に注意! 扇風機やエアコンの総チェックマニュアル
  • 【第30回】梅雨到来! 食中毒にご用心!
  • 【第29回】いにしえの知恵が凝縮! 梅干し&梅酒のハウツー
  • 【第28回】レジャーの季節! 春の嵐にご用心
  • 【第27回】春の衣替えで新生活スタート♪
  • 【第26回】花粉症対策グッズで乗り切りましょう!
  • 【第25回】あまったお餅、おいしく食べたい!
  • 【第24回】お正月にまつわるアレコレ
  • 【第23回】鍋料理で寒さに負けない身体づくりを!
  • 【第22回】紅葉のシーズンがやってきた!
  • 【第21回】雨にまつわる自然災害から身を守りましょう
  • 【第20回】今がピーク! 熱中症に気をつけましょう!
  • 【第19回】安全で楽しい海水浴を!
  • 【第18回】雨続きでもアクティブに! 梅雨を元気に過ごしましょう
  • 【第17回】にっくき『カビ』にご用心!
  • 【第16回】ホントは怖い初夏の日焼け!紫外線対策講座
  • 【第15回】花咲く季節!ガーデニングを始めませんか?
  • 【第14回】春の味覚『山菜』を上手に楽しもう!
  • 【第13回】今年もスギ花粉のシーズンがやってきます!
  • 【第12回】さむ〜い冬はあったかお風呂で癒されよう!
  • 【第11回】キッチンの大掃除には『重曹&クエン酸』が大活躍!
  • 【第10回】寒い季節は鍋料理で暖まろう!
  • 【第9回】質の良い睡眠で元気な毎日を!
  • 【第8回】自分の家は自分で守ろう!泥棒撃退法
  • 【第7回】暑い夏を乗り切ろう! 夏バテ対策
  • 【第6回】夏は特にご用心! お手軽「紫外線ケア」
  • 【第5回】梅雨の季節の悩み・・・ 簡単ラクラク、カビ対策!
  • 【第4回】バーベキューやハイキングに♪ アウトドアで役立つ小ワザ集
  • 【第3回】家庭でカンタンにできる♪衣類に付いたシミを退治!
  • 【第2回】冬のお風呂は危険がいっぱい!!安心安全な入浴方法
  • 【第1回】窓拭きのコツ
  • コスモヘルシー倶楽部とは
  • コスモヘルシー倶楽部ニュース
  • コスモのお仕事〜安心のアフターサービスをご提供します〜
  • 懇親会レポート
  • コスモドクターあれこれ
  • コスモ健康カレンダー
  • 週刊 懇親会スタッフ便り
  • クローズアップ
  • まごころ便
  • コスモヘルス提携クリニック「栗原クリニック東京・日本橋」
  • 生活知恵袋
  • コスモヘルス株式会社
  • コスモヘルシー倶楽部オリジナル『元気体操365』DVD新発売
  • コスモドクターセルキュア100